どうしてもおじさんのブログ

為替と日経先物ミニの予想及び分析。たまに日常生活も・・・。

仮ボラティリティーが・・・。

青線が為替(対米ドルです)
茶色線が日足のろうそく足の実態部分を平均したものです。これを、仮のボラティテーとして私は見ています。
さて、過去を振り返ってみますね。

(初回)仮ボラティリテーが上昇しているとき、

     そのエネルギーが為替の上昇に使われた。
(2回目)仮ボラテリティーが上昇しているとき。
     そのエネルギーが為替の下降に使われた。 と見ています。


最近、少し仮ボラティリティーが上昇し始めている。
もし、今後、青線のように仮ボラティリティーが上昇したら
     そのエネルギーは、上昇か下落のどちらかに使われると思われるので
     注意をしながら見ていく必要があると思っています。

日中と夕場同じ方向へ

左が過去、右が最近です。
225先物ミニの日中と夕場の関係のグラフです。
青色線が上昇しているということは、日中を夕場が同じ方向に価格が動いたということです。
つまり、
日中陽線なら 夕場も陽線
日中陰線なら 夕場も陰線 ということです。
 今後は、茶色線のように動くのではないかと見ています。